妊活と便秘2

子宮と腸はお隣さんで、

便秘を解消することは妊娠しやすい身体に

近づくために大切だと前回お話させていただきました😊

妊活だけではなく、便秘がちだとなんだか体調がすぐれないですよね💦

腹痛や、吐き気、お腹が張ったり

頭痛、腰痛、肌荒れ、むくみ、

身体が冷えたり、免疫力の低下

イライラして、便秘自体がストレスの原因になってしまいます。

便秘を解消して身体も心も綺麗にしましょう✨

 

 

・適度に水分を摂る

ちょうど良い硬さの便をつくるには、水分が不可欠。

1日1.5ℓ程度を目安に水分を摂りましょう。

お水は、白湯か常温がおすすめです。

寝起きに白湯を一杯ゆっくり飲むと、腸の目覚めに最適。

体を温めて冷えも解消という一石二鳥です。

 

・よく噛んで食べる

一口30回を目安に、よく噛んで食べましょう😊

消化酵素を含む唾液がたくさん分泌され、

消化吸収の際の負担が抑えられます。

結果、小腸や大腸の負担も軽くなり、

スムーズな排便につながります。

 

・規則正しい生活をする

朝決まった時間に起きて、決まった時間に食べることで

腸の運動に規則性ができ、排便のリズムが作れます。

できれば、朝食後の排便習慣を…

便意がなくてもトイレに行くことで、身体にリズムが作れます。

 

・身体を冷やさない、ストレスを溜めない

便秘になると血流が悪くなり体が冷えてしまいます、

また、体が冷えてると内臓の動きが悪くなり、便秘になります…

とにかく、身体を冷やさないことが大切です💦

ゆっくりお風呂に入って身体を温め、リラックスする。

適度に身体を動かし、身体を温め、リフレッシュする!

ストレスを溜めないことも大切です😊

運動する時間がない方は、

お腹を『の』の字にマッサージしてみてくださいね。

 

オススメの食べ物

・【熱タイプ】便が乾燥して硬い、尿の色が濃い、暑がり、怒りっぽい、口が渇く、口臭、お腹が張って痛むときがある方…きゅうり、バナナ、アロエ、こんにゃく、ごぼう、ひまわりの種

・【ストレスタイプ】スムーズに排便できない、お腹が張る、膨満感がある、ゲップやガスが多い方…大根、しその種、杏仁、かぶ、しそ油、オリーブ油

・【エネルギー不足タイプ】便が出にくい、排便後に疲労感がある、脱肛、息切れ、倦怠感、冷えやすい、顔色が白い方…山椒の実、生姜、くるみ、松の実

・【血不足タイプ】便が乾燥している、肌や髪にツヤがない、顔色が黄色い、動悸、めまい、脱毛、月経量が少ない方…ごま、蜂蜜、じゃがいも、いちじく、麻の実、プルーン、キウイ、ヨーグルト、鶏スープ、白菜

また、水溶性の食物繊維(オクラや海藻類等)や

発酵食品(お味噌、ぬか漬け、キムチ、納豆等)を

摂ることもオススメです😊

 

 

妊活と便秘

こんにちは、自然専科たんぽぽです⚘

寒くなると身体が冷えやすく、

寒くて外に出るのも億劫になって

身体を動かす機会が減り便秘になる方も多いようです💦

妊活においても、

便秘しない身体=妊娠しやすい身体 です!

また、妊娠中は便秘になりやすいので

妊活中に便秘を解消しましょう😊 

 

子宮と腸は近いばしょにあるため

腸の動きが悪く血流が滞り冷えていると

当然、子宮も同じ状況が考えられます⛄

溜まった便で、子宮などが圧迫され

妊娠するため臓器たちがタイミングや

場所を合わせる妨げになってしまうことも💦

 

また、腸にたまった便より毒素が血中に染み出し

全身をめぐり細胞を傷つけてしまいます。

特に大腸を収めている骨盤のなかには、

子宮や卵巣、卵管など、妊娠するための重要な臓器がたくさんあります。

お隣さんである大腸が毒素をどんどん発生させれば、

毒素を含んだ血液が骨盤内に充満することに。

結果、女性にとって大切な臓器が影響を受けやすいと言われています。

せっかく、取っているサプリメントなどの栄養も

腸内環境が悪いと十分に吸収されていない可能性もあります😥

 

便秘を改善して、

温かく卵子や子宮内膜が育ちやすい身体や

悪いものを外に出す力、良い物を吸収する力

を高めてあげましょう✨

 

次回、便秘解消にオススメの養生をご紹介しますね🍂

 

 

 

 

温活

こんにちは。自然専科たんぽぽです⚘

先日Instagramで白湯について投稿しました😊

妊活や、ダイエットにおいても

“冷え”は大敵です!!

コロナ対策でお店の入店時や、出社時など

熱を測る機会も多くなりましたよね…

健康的な人の平熱は36.5~37.1度と言われています。

平熱も高く、手足の冷えを感じない、

どちらかというと、手足がほてる、顔がのぼせると

暑がりなのでは…?と思うかもしれませんが

冷えにより、熱のバランスの崩れや、

代謝の低下が原因のケースもあります💦

顔から汗をかくほど暑いのに手足が冷えている方

手足がほてる方、手足がむくむ方

下半身太りが気になる方

お腹を触ると冷たい方

は、隠れ冷え性かもしれません🥶

身体を温める、体温を上げることにより

血液の流れがよくなり、免疫力が高まります。

 

頭痛や肩こり、生理痛のある方も血流改善のために

できることから少しづつ、温活していきましょう✨

 ・足元を温めて、上半身と下半身の温度差をなくす。(足首まで隠れるくつしたを履くのがお勧めです)

 ・太い血管が集まる、首・手首・足首・ウエストを温める(妊活中の方は、バスタオルや腹巻をして寝るのがおすすめです)

 ・毎日入浴する(ぬるめのお湯にゆっくりつかって疲れをほぐしましょう)

 ・朝白湯を飲む(腸を温めて動きを活発にしてくれる)

 ・身体を温める食材を摂る(秋、冬が旬のものは身体を温めてくれるものが多いです!サラダやお刺身など冷たい状態がおいしいものは毎日食べることはさけましょう)

 

ツボや患部を温めることもお勧めです!

温灸などもおすすめですよ😊

(1回500円、30分で体験できます。)

 

これからますます寒くなりますが、

身体の中から温まりましょう☃

 

 

 

生理中の過ごし方

こんにちは自然専科たんぽぽです⚘

11月に入り一段と寒くなったような気がしますね⛄

暗くなるのが早いので運転などにはお気をつけください。

 

何度かブログで「生理痛はないのが当たり前!」

と書いていますが、

相談にいらっしゃる方でも生理痛があるのが普通、

ない人の方が珍しいっといったような感覚ですよね…

 

生理中でも同じように仕事や家事をしなければいけないし、

生理痛が重くても痛み止めなどを服用して普段通りの生活をしている、

という方も多いように感じます。


しかし中医学の養生では生理中の過ごし方に関しては

気を配ることが当然とされていて、

お母さんからそのアドバイスを受けるそうです。

そのためか、重い生理痛で悩む人は日本ほど多くないとのことです。


痛みとは身体からの「休みが欲しい」というサインだと思います。

それを無理に止めて体を動かすことは決していいことには思えません💦

また、痛みが軽い方も何もケアせずに過ごしていると

思わぬトラブルの原因になるおそれがあります😥

生理時は身体を労わらなければならないことを

覚えておいて頂ければと思います☕



★激しい運動を控える
水泳やランニングなどの激しい運動は控える。血液が出ていっている時に汗を大量にかくことも、体液不足につながります。どうしてもという方は、ウォーキングぐらいにしておきましょう。入浴もあまり良くないとされます。

★体を冷やさない
生理時は、高温期から低温期になり、基礎体温は基本的に低下することとなります。このような状況でさらに体を冷やす環境下に身を置くと、一段と冷えがきつくなってしまいます。生理時は血液と共に気(エネルギー)も抜けますから、必ず体が消耗しています。暖かく保ち、出来る限り負担を少なくすることが大切なのです。ミニスカートやサンダルも止めて、特に下半身を暖かくして過ごしましょう。

★体を温めて滋養する食べ物を摂る
食べ物も体を温めるものを摂るように心がけましょう。生野菜のサラダ、お刺身、アイスクリーム、ビールなど冷えている方が美味しい食材を避けることも大切です。

体を温めるネギ類など、栄養が豊富なお肉類や豆類などは積極的に摂りましょう🥬貧血予防の、レバーやほうれん草、小松菜もオススメです。過度の香辛料が入った食事(キムチ、辛いカレーなど)は体を温めますが、負荷もかけるので、控えめにしましょう😊

 

 

すべて実践することは難しいかもしれませんが、

こういった養生をした方が体に良いと言うことを知っておくことが大切です。

 

咳と喘息

 

こんにちは。自然専科たんぽぽです⚘

じめじめした夏から、秋は空気が乾燥し始める季節です。

秋は中医学でいう“肺”の季節。

鼻や喉などの、呼吸器系のトラブルの多い季節です。

咳は一度続くとなかなかとまりにくく辛いですよね💦

悪化すると肺炎や喘息などの重い症状につながることもあります。

中医学では咳の原因として

“冷え” “熱” “ストレス” “痰湿” “虚弱 と考えます。

 

・冷えタイプ‥‥‥冷え性の方などで身体が冷えると起こる咳。他の症状では薄い鼻水、痰、悪寒などを伴います。

【食養生】ネギ、ショウガ、しそ、シナモン

 

・熱タイプ‥‥‥‥ウイルス感染などで炎症を起こしてでる咳。他の症状では濃い鼻水、痰、発熱、口渇

【食養生】梨、ごぼう、大根

 

・ストレスタイプ‥‥ストレスにより”気”の流れが悪くなり咳がでる。他の症状では、胸苦しさ、イライラしやすい。

【食養生】みかんの皮、ハッカ、ゆずの皮

 

・痰湿タイプ‥‥‥食事の不摂生などで胃腸に負担がかかり出る咳。他の症状は痰が多い、ゼェーゼェー音がする。

【食養生】杏仁、銀杏

 

・虚弱タイプ‥‥‥病歴が長く、体力を消耗している。他の症状では夜間悪化、息切れ、疲労感

【食養生】白キクラゲ、はちみつ、山芋

 

 

夏にクーラーにあたり、冷たい物を飲んだり、食べたりすることで

冷えやすい身体になっていることも、、、

また、夏にたくさんかいた汗により身体は水分不足だったり、、、

季節の変わり目ストレスをためない、食事を取りすぎない、

睡眠を十分に取ることを心がけましょう🍂

 

 

 

お客様より(疲れ、めまい)

こんにちは。自然専科たんぽぽです⚘

本日はこちらで栄養補給の体質改善を試してみた方の

感想を紹介させていただきます😊

相談内容・・・日中、めまいを感じ、疲れやすい

・仕事中、活発になれた。

・朝まで起きることなくぐっすり寝れた。

・仕事の合間に遠方へ往復で運転したけど疲れなかった。

・昼間清掃活動があったが最後まで元気に参加できた。

・始めた当初は、フラとすることがありましたが、徐々に回数が減ってきた気がする。

 

相談内容・・・目や頬の痙攣、疲れやすい

・飲み会の次の日、パッと起きることができた。

・(就寝時間が遅くても)寝起きが良くなった。

・服用中は痙攣を感じることはなかった。

 

お二人とも同じ、ミネラルとビタミンの栄養補給をさせて頂きました😊

眠りの質や、気持ちが前向きになられたみたいで

とても嬉しいです。

普段から疲れやすい方、朝パッと起きることができない方、

などにオススメですよ。気になる方はお問合せください♪

 

 

生理痛

 

こんにちは。自然専科たんぽぽです⚘

いきなりですが『生理痛はないのが当たり前!』

と言われてびっくりされる方も多いと思います💦

今では、痛み止めを飲むのが、当たり前ですし

生理痛がひどい場合、仕事や学校を休む方も多いのではないでしょうか。

ダイエットや、妊活の相談に来られる方も

生理痛がある方や、お財布に鎮痛剤をお守りとして

入れてる方もいらっしゃいます。

 

「健康な生理」とは、痛みはない・色は赤色で粘りや塊がない・量は多い日の日中2時間をロングナプキンで過ごせる程度・周期25~38日・期間3~7日

 

【気滞血於タイプ】…ストレスが多く、気・血の流れが悪くなっている

特徴:生理前、生理中の下腹部の張り、痛み、胸の両脇の張り、痛み、イライラしやすい、経血の色が暗い、塊がみられる

食養生:ジャスミン茶、ラベンダー、ウコン、黒豆、小豆

養生:ストレスをため込まないようにしましょう。

 

【寒邪タイプ】…冷房や冬の寒さなど外から入ってくる冷えが体内に停滞している(冷えが原因)

特徴:生理前、生理中の下腹部の冷え、痛み、冷えると痛みが強くなる、温めると痛みが緩和する、経血の色が暗い、黒ずんだ塊、手足が冷える、むくみやすい、顔色が白っぽい

食養生:よもぎ、紅茶、しょうが、ネギ、シナモン

養生:身体を冷やさないように努めましょう

 

【気血虚弱タイプ】…虚弱体質や慢性疾患、過度のダイエットなどによる栄養不足(エネルギー不足)

特徴:生理の後半に痛みが強くなる、比較的弱い痛みが続く、生理周期が長い、経血の色が薄い、量が少ない、生理中の疲労感、倦怠感、めまい、顔色が青白い

食養生:黒砂糖、クコの実、なつめ、ほうれん草、人参、鶏肉

養生:血を増やすものを取り、栄養を補いましょう

 

☆痛みの強い方へ…痛み止めは熱を冷ます効果もあるので冷え性体質の方にはオススメしません。

 子宮内膜症など不妊につながるような病気が隠れていることもあります。

 

リバウンドしにくい身体や、妊娠しやすい身体を目指すには

生理痛も一つのポイントです!!

一緒に生理痛のない健康な身体を目指しませんか??

 

 

台風

 

こんにちは。自然専科たんぽぽです。

台風の影響で、風がつよいですね💦

今からの時期、台風多くなるので、気を付けないとですね…

台風が近づくと、

頭痛、めまい、耳鳴り、胃もたれ、憂鬱、だるい、むくみ…

などカラダの不調を感じる方もいらっしゃるのでは?😥

 

これは、気圧の変化が刺激となり、体調を左右しているから💦

低気圧が近づくと、身体にかかる圧が弱くなって

身体がゆるむ傾向に…

身体が元気であれば、体表にある気(エネルギー)が

圧着タイツのように身体を守るので不調が起こりにくいんです!

気が足りてない、気の巡りが悪いと、身体が外へと膨らみ

むくみや、疲れなどの不調になってしまいます。

普段から、風邪をひきやすい、アレルギー気味

汗が止まらない方は気が足りてない可能性大ですよ~

 

また、水分を過剰に摂られる方も低気圧の影響を受けやすいです💦

普段から、冷たい飲み物や、食べ物をとりすぎない。

脂っこい物、味の濃い物、スナック菓子など

胃腸を元気に養う食事を意識してください😊

きのこ、豆、海藻、キュウリなどがおすすめです!

 

葡萄🍇

 

こんにちは。自然専科たんぽぽです⚘

いよいよ9月が始まり、まだまだ暑いですが

朝夕涼しく、秋の気配を感じますね🍁

 

休日に、鹿児島市のよかど鹿児島内の

霧島さくらフルーツランドよかど鹿児島店さんで

ぶどうとブルーベリーのタルトをテイクアウトしました😊

さくら農園さんのぶどうは、

クロレラを肥料として育てているぶどうもあるんですよ!

ぶどうひとつひとつがしっかりしていて、

甘くて美味しいでした~♪

 

ぶどうは体を潤す作用のほか、筋や骨を強化してくれ、

気(エネルギー)血(栄養)を補う効果があります。

浮腫みの改善や、美肌効果も期待できますよ😄

また、安胎効果もあるので妊婦さんにもお勧めです!

秋は、春夏と頑張った身体をゆっくり整え、

栄養をしっかり補給し冬に備える季節です。

今から秋が旬の美味しい食べ物が、待ち遠しいです♪

 

 

代謝とは?

 

こんにちは。自然専科たんぽぽです。

 

妊活や、ダイエットのお話をさせていただく中で

“代謝”という言葉をよく使います😊

私も、現在ダイエット中で

たんぽぽにある、体重で基礎代謝を測るのですが

なかなか代謝があがってくれません💦

 

そもそも、代謝とはなんでしょうか…?

代謝とは、体外から取り入れた栄養を分解し、

吸収された栄養素をカラダに必要な物質に再合成することです。

☆新陳代謝・・・カラダをつくる。

        ・筋肉・皮膚・内臓をつくる。

        ・古くなった細胞を新しくする。

☆エネルギー代謝・・・基礎代謝など活動するため。

        ・カラダを動かす。

        ・内臓を機能させる。

 

つまり、カラダをつくる代謝をあげると

肌荒れが改善されたり、髪の毛のハリが出てきたり

基礎代謝をあげれば

疲れにくいカラダや、脂肪のつきにくいカラダになるんですね😊

 

ちなみに、細胞の代謝(更新)は

腸は数日、皮膚は約1ヶ月、血液は120日、骨が150日

毎日少しずつ変化するんですね…